バイオマスの伐採

バイオマスの収穫は、未利用地の活用とエネルギー生産の支援に役立ちます。

あなたへのメリット

長年のバイオマスプロジェクト支援

長年のバイオマスプロジェクト支援

プリノートは長年にわたり、エチオピア、ナミビア、キューバなどでバイオマスプロジェクトを支援・調整してきました。

BMH 480 H600付き

BMH 480 H600付き

BMH 480は材料を収集し、収集場所まで運びます。木材チップの生産、二次植生や若木の伐採に最適です。

バイオマス収穫用H600

バイオマス収穫用H600

H600は、運搬車(240~400馬力)に素早く簡単に取り付けることができます。材料を細断し、排出シュートから回収容器に排出します。

バイオマスの伐採

再生可能エネルギーを生み出すために、バイオマス燃焼に頼る国がますます増えています。バイオマスは様々な有害植物や雑草などの形で世界中に生育しており、エネルギーとして利用するためには収穫する必要があります。 プリノートは長年にわたり、エチオピア、ナミビア、キューバなどのバイオマス・プロジェクトを支援してきました。ヨーロッパでの木材チップ生産に加え、これらの国々では、主に二次植生や若木の伐採に力を入れています。 バイオマス伐採の2つの利点: - 以前は使われていなかった場所が整地され、再植林が可能になる。 - 燃焼したバイオマスは電気を発生させ、発電のために重油を輸入する必要性を減らす。 既存の240~400馬力のトラクターや運搬車両に、プリノートH600ハーベスターをフレームを介して簡単にでき取り付けできます。 H600は、潅木や樹木がどのように無秩序に生い茂り、立ち並び、横たわっていても、刈り取り、切り刻んだものを排出パイプでトレーラーや収集バンカーに吹き飛ばします。 適切な車両がない場合、プリノートのBMH 480がおすすめです。H600マウントヘッドに加え、469馬力のBMH 480追跡型車両には、高転倒バンカーが統合されています。トラックごとに数ヘクタールの土地を収穫でき、25m³のバンカーが満杯になると、バイオマスを輸送車両に積み込み、収穫物を発電所に運びます。

A Prinoth BHM 4 80 at harvesting biomass consisting of undergrowth or bushes.
A Prinoth BMH 480 at harvesting biomass.

A Prinoth BMH 480 at harvesting biomass.
A Prinoth BHM 4 80 at harvesting biomass consisting of undergrowth or bushes.
View of a Prinoth BMH 480 - H600 from the front right.
A Prinoth H 600 at harvesting and shredding vegetation, pushed by a tractor.

その他の付属部品

(CACHED in 0.47965908050537 seconds @ 20.05.2024 23:42) Prinoth. Draufgänger mit praktischem Sinn.